ふういんせんき!

本日、朝10時(中国時間)にて、
TENCENTの封印戦記(CLOSERS M)が遊べるようになったので
レビューしてみました。


主人公はこの娘のみらしく、
キャラクターはガチャであてられたら、
開放される事もあるので、
若干その要素を考えると、
台灣の崩壊3rdに感覚が近いかもしれない。

映像はまんま、
某CLOSERSそっくりというか、
CLOSERSなんだけど、タイトルから
溢れ出るア○ド戦記感。


そして突然の一刀両断!


こう考えるとこの娘の立ち位置は、
やはりガンブレなのだろうか。
(アラドネタ)

後、ガチャでキャラクターが引けるようになったので、
挑戦してみました。結果はBクラスのハルト君でした。
(名前あってる?


しかし、どう見ても
スマホ中毒者にしか見えないハルト君であった。

以下、感想。

CLOSERSがついにモバイル化!
まあ日本版では声優交代のせいもあってか、
知名度低くなってしまった感あるけれど、
このモバイル版はなかなか再現されていて、
(映像面が)、シンプルにCLOSERSの世界観が
楽しめるようになっていて非常に関心が持てる。

問題なのは

日本版来るのか?

(とりあえずスラッシュあたり狙おう)



0 コメント:

コメントを投稿